Windowsの立ち上がりが遅い原因の一つにDefenderが関わっていた

最近、訪問先のPCの立ち上がりが遅くなったと感じる事が多くなったので調べてみました。

タスクマネージャーを見てみると、「Antimalware Service Executable」がCPUやメモリを大量に使ってい事が分かりました。
そこで、「Antimalware Service Executable」とはどんなものなのか調べてみると、「Windows Defender」に組み込まれた実行ファイル「MsMpEng.exe」で、自身を問題が有るプログラムと認識してスキャンし続けると言う不具合が有るという事も分かりました。

更に、その不具合に対処する方法も見つけましたので紹介します。
それは、「Antimalware Service Executable」を「Windows Defender」の除外リストに追加してスキャンしないようにするのです。

その手順が分かり易く書かれたサイトがこちらです。
抜本的な対策は、ドライブをSSDにしてメモリを増やす事ですが、取り敢えずやってみてはどうでしょうか。

tkoj

コメント

タイトルとURLをコピーしました