キーボードで新規メールを書く

■Bluetoothキーボードだけで新規メールを書きます。


1.Bluetoothキーボードの電源をONにします。
折りたたみキーボードは、通常折りたたみを開くと電源がONになります。

2.[Ctrl+Option+H]キーを押します。
iPadにパスコードが設定してありますと、パスコードの入力を求められます。
「6文字中0文字を入力しました」とガイドがあります。

3.[左矢印+右矢印]キーを押して「クイックナビゲーション OFF」にします。
キーボードによっては、自動的にOFFになります。

4.Bluetoothキーボードからパスコードの数字を入力します。
セキュリティを守るために、パスコードの入力時はVoiceOverの入力音声は出ません。
パスコードが正しければ、「ピロン」と効果音が鳴って、「ホーム」が開きます。
もし前回ロックしたときの状態で開いた場合は、もう一度[Ctrl+Option+H]キーを押します。

5.[左矢印+右矢印]キーを押して「クイックナビゲーション ON」にします。
キーボードによっては自動的にONになります。

6.[Ctrl+下矢印]キーを押して、「ホーム」の再下段にある「ドック」を選択します。

7.[左右矢印]キーで「メール」アイコンを選択して、[上矢印+下矢印]キーを押して実行します。
メール画面になります。

8.[コマンド+N]キーを押します。
「新規メール作成」の画面が開きます。

9.「宛先:テキストフィールド 編集中 先頭に挿入ポイント クイックナビゲーション OFF」とガイドがあり、宛先のアドレスを入力するテキストフィールドが選択されています。
宛先のアドレスのスペルが分かっている場合は、ここで直接入力をします。
でも、一文字でも間違えると送信が出来ません。
ですから、通常は「連絡先」からメールを出したい方のメールアドレスを選択します。
次のようにします。
注意:「連絡先」にその方のメールアドレスが、登録されていない場合は出来ません。

10.[左矢印+右矢印]キーを押して「クイックナビゲーション ON」にします。

11.[右矢印]キーを一度押します。
「連絡先を追加」ボタンとガイドがあります。

12.[上矢印+下矢印]キーを押して「連絡先」を開きます。

13.[右矢印]キーを押して行きメールを送信したい方を選択して[上矢印+下矢印]キを押します。
「連絡先」に多くの方が登録してある場合は、[Option+下矢印]キーを押すと、画面が上にスクロールします。

14.タッチパネルの右側にその方のプロフィールが出ていますので、[Ctrl+右矢印]キーを押して移動します。

15.[右矢印]キーを押して行き、その方のメールアドレスを選択して、[上矢印+下矢印]キーを押します。
そのアドレスが、新規メールの「宛先」欄に、入力されます。
新規メールの画面に戻ります。

16.「[左矢印+右矢印]キーを押して、「クイックナビゲーション ON」にします。

17.[右矢印]キーを押して行き、「件名」を選択して、[上矢印+下矢印]キーを押します。

18.「件名」欄が開きます。

19.件名を入力して、[Enter]キーを押して文字を確定します。

20.もう一度[Enter]キーを押しますと、メールの本文を入力するエリアに移動します。

21.「メッセージ本文 テキストフィールド 編集中 文字モード 先頭に挿入ポイン」とガイドがあります。
もし「末尾に挿入ポイント」とガイドがあった場合は、次の操作をします。

22.[左矢印+右矢印]キーを押して「クイックナビゲーション OFF」にします。

23.[Ctrl+上矢印]キーを押して、ポイントを文頭に移動します。

24.メールの本文を入力します。
日本語ローマ字入力と英文字入力の切り替えは、[Ctrl+Space]で行ないます。

25.メール本文の入力が終わったら、[左矢印+右矢印]キーを押して「クイックナビゲーション ON」にします。

26.[左右矢印]キーで、「アドレス」「件名」「本文」を確認してください。

27.間違いが無ければ、[Shift+コマンド+D]キーを押します。
「ヒュー」と効果音が鳴って、メールが送信されます。

※[コマンド]キーを長押ししますと、現在開いている画面で使える「ショートカットキーの一覧」が表示されます。
これは大変便利ですので使いましょう。(iPhoneでは使えません。)


 前の項目へ   視覚障害者のiPad操作へ戻る